JAきみつトップシンボルマーク
 
 

  利用者に「信頼」
組合員の負託に応える「改革」
地域社会に「貢献」 
「JAきみつ」の存在意義と使命を再認識し、地域との
共生をさらに広げる取り組みを進める。

 平成28年4月1日改正農協法が施行され、組合員・地域住民とともに、自己改革の基本目標である「農業者の所得増大」「農業生産の拡大」「地域の活性化」を通じて「食と農を基軸として地域に根ざした協同組合」を確立しなければなりません。
 このため、「第六次経営刷新3カ年計画」及び「第五次農業振興計画」の2年目となる本年は、両計画の実施項目の進捗状況を管理・検証しながら着実に実践し、「地域に愛される元気なJA」を目指して、下記事項を重点に取り組んでまいります。
 
 
 
 
 
 
 
   1.「農業所得の増大」と農業生産の拡大」の実現
     ○第五次農業振興計画の実践
     ○総合力を発揮した担い手への個別支援体制の確立
     ○農業者の所得増大のための取り組み
     ○安全・安心な農産物の生産と安全な農作業の取り組み
   
   2.「地域活性化」への貢献
     ○総合事業を活かした地域の活性化
     ○協同活動を進めるための支店機能の強化
   
   3.自己改革の実践を支える経営基盤の強化
     ○経営基盤の拡充
     ○協同組合運動を担う人材の育成



                                                        戻る

Copyright(C) JA kimitu All Right Reserved.